新着情報

  1. TOP
  2.  > 新着情報

【バレンタインも「つまみぐい」キッチンカー出店いたします!】

2021年02月13日(土) 未分類


 
 
【バレンタインも「つまみぐい」稼働💕】
弊社、キッチンカー事業部!?「つまみぐい」
先週に続き、明日2月14日(日)12時より、キッチンカーを出店いたします!

【日時】2月14日(日)12時OPEN✨
【場所】東京都板橋区志村1-17-9
 
ご近所のみなさん、是非、お越しくださいませ!
お待ちしております<(_ _)>

【キッチンカー「つまみぐい」活動開始】

2021年02月05日(金) 未分類


 
 
【「つまみぐい」活動開始!】
弊社キッチンカー事業「つまみぐい」、いよいよ本格始動いたします!
 
 
【日程】
■2月7日(日)
■2月14日(日)
12時OPEN!
 
【場所】
東京都板橋区志村1-17-9
 
 
みなさん、どうぞお楽しみに(^^)

【ポスティングのデメリットについて】

2020年12月28日(月) 未分類


 
 
今年も残す所4日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
全国エリア対応のポスティング会社
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
今年ラストは、「ポスティングのデメリット」について、敢えてお伝えして行きたいと思います。
 
 
【1.ポスティングのデメリット】
(1-1)チラシを撒いても思ったほど集客が無い
まず最初に思うのは、当然コレだと思います。初めてポスティングをする時なんかは「これで無茶苦茶お客さん来たらどうしよう(笑)」とワクワクしてしまうものですが、現実はそんなに甘くなかったりします。というか、よほど良い出来栄えのチラシでさえもいきなりガッツリ集客出来るという事は正直少ないかと思います。
 
何か週末イベントの開催やキャンペーンなどであれば、ある程度の集客は望めるかと思いますが、例えば不動産やリフォームなどと言ったようなケースだと、そもそも周知させるという事も重要です。継続的に配布する事でお客さんに認知され、そのタイミングの時にチラシが活きて来ます。
 
例えば、なぜデリバリーを考えるとまず「ピザ」が想い浮かぶのか。勿論、美味しいというのも理由ですが「デリバリー=ピザ」が認知されているからというのが大きいです。
 
認知されるまでは多少時間がかかりますので、最初にポスティングをする際は極力興奮は抑えて、小部数のチラシでテスト配布➡改善を暫く繰り返すというのが必要になります。
 
 
(1-2)クレームがある
ポスティングをすると、残念ながら必ずクレームがあります。これは大きなデメリットだと言えます。ポスティングでなく新聞折込であればクレームはまずありませんが、ポスティングはチラシを勝手に配布をさせて頂いているので、クレームが上がるのも当然です。
 
ポスティング会社であれば、毎月相当数のチラシを配布していますので、過去のクレーム先は全てリスト化しています。ですので、クレームの発生はかなり抑えられますが、自社で初めて行う際は少々覚悟が必要です。こればかりは、ポスティングでの集客の宿命と言わざるを得ません。
 
 
(1-3)遅い
これもポスティングの顕著なデメリットですが、ネットや新聞折込と比べると集客スピードが遅いです。
 
ネットは瞬時に顧客に伝達する事が出来ます。新聞折込はそこまで速くないにしても新聞と一緒に毎日チラシをお届け出来ますので、日本全国規模で多くの世帯に伝達する事が出来ます。
 
ただ、ポスティングについては基本的には地元に特化しているケースが多く、1日に数万世帯への伝達というのが一般的なスピードと言えますので、全国規模で一気に宣伝をしたいという事であれば不向きな媒体と言えます。
 
ただ、ネットを使われない世代・新聞を購読していない世代にも隈なく御社の商品やサービスを伝達していくという事には長けていますので、地元で継続して宣伝をしていくという事には、非常に向いています。
 
 
(1-4)業者の質がマチマチ
ポスティング業者を使った事がある方なら分かるかと思いますが、同業界でよく言われるのが業者の質の差が大きいという事です。
 
当然良い業者に当たれば良いのですが、ハズレ業者になると大きなデメリットになるかも知れません。これに関しては、使ってみるしかないです。
 
仮に、私が初めてポスティングをするならば2社、3社を使ってみて、最も良い反響の所を調べてから継続的に利用する事にします。GPSを持っているから安心というのも正直言うと余り当てにはなりません。
 
 
【まとめ】
当然ながら良い事ばかりではありませんが、ポスティングを極めてしまうと集客がとても楽になります。実際、弊社のお客様は約90%がリピーターです。つまり流れを確立していれば、チラシで継続的に集客する事は可能という事です。
 
また、チラシの内容を考えるのが大変と思われる方もいるかも知れませんが、今はフリーのチラシテンプレートもネット上に多数ありますので、簡単にチラシを作ることが出来ます。

ポスティングをご検討されているということでしたら、どうぞお気軽に他社様とご比較下さいませ。
 
その際はぜひ、当社にご相談いただければと思います。
 
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【「ポスティングの反響率や反応を上げるための方法」について】

2020年12月07日(月) 未分類

12月に入り寒さも段々と増していますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
全国エリア対応のポスティング会社 株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
今回は・・・
「ポスティングの反響率や反応を上げるための方法」
について、お伝えして行きたいと思います。
 
 
【ポスティングの反響率は?】
ポスティングによる反響率は、一般的に0.1~0.3%程度だといわれています。10,000枚配布した場合の反響数が10~30件となる計算ですので、やはり少ないという印象でしょうか。
 
しかし、広告の作成から投函まで自社で行うことで広告にかかるコストを抑えることが出来、配布エリアや配布対象を絞り込むことで、反響率を上げることが出来ます。
 
また、他のチラシに紛れてやすい新聞折り込みに比べて、認知されやすいというメリットもあるので、工夫次第で効率の良い広告を実現させることも可能です。
 
 
【ポスティングの特徴】
効率の良い広告を実現するために、まずはポスティングの特徴を見ておきましょう。
 
①配布対象のエリア・属性を選定出来る
宣伝したいターゲットを決め、エリアや属性を絞ってアプローチが出来るので、費用対効果の高い宣伝活動が出来ます。
 
②新聞折込が入らない世帯にも広告が可能
ポスティングは、学生を含む若い単身層など新聞を購読していない世帯にも有効です。新聞折込では、広告しきれない世帯にも広告出来ると共に単独で投函するため、目につきやすい傾向があります。
 
③配布物の形状の自由度が高い
ポスティングは、基本的ポストに入るものならどんなサイズのものでも有効です。チラシにティッシュや商品サンプル、おまけをつけることも出来るので、チラシの印象を強化しやすいという特徴があります。
 
 
【ポスティングの反応率を上げる方法】
①ポスティングの目的を明確に定める
目的を細かく明確にしておくことは、ポスティングの効果を高めるために大切なことです。「集客のため」「知名度をあげるため」など漠然としたものではなく、例えば新規顧客の開拓ならばどの層を狙うのか、どんな商品でアピールするのか等を予め設定し、最適な配布先や広告内容を検討して行きましょう。
 
②地域性やニーズの把握
商圏エリアの地域性やニーズを把握しておくことも、ポスティングの反応率を向上させるために重要です。その地域の商業施設の把握から住人の属性傾向、消費傾向を始め、同業他社の広告活動状況や集客状況などを把握しておきましょう。
 
③目を引くデザイン性
投函されたチラシは、目を通して興味がなければゴミ箱へ、という流れがほとんどなので、一瞬目を落とした時にいかに消費者の心を掴むか、が重要になります。読むのが億劫になるほど情報量が増え過ぎないよう、最も伝えたい事が一目で理解出来るよう、分かりやすいデザインや配置を心がけましょう。
 
④効果測定をして次に繋げる
ポスティングを実施した日付や配布数、配布対象、内容に対し、どのくらい反響があったかをデータ化し、効果測定を行いましょう。反響が悪い場合は、エリアやデザインを変えるなどをして次の広告活動の策に繋げます。データ集計を繰り返すうちに、自社にとって効果が最も高い方法が見えてくることでしょう。
 
 
ポスティングは、気軽にできる広告手法ですが、反応数を上げ効果的に広告を行うためには、地道な活動や工夫が必要です。逆に試行錯誤を行うことで、低コストで効率よく利益に繋げることができるといえます。自社に合ったポスティング手法を探ってみてはいかがでしょうか。
  
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【ポスティングで集客が出来ない原因を知る】

2020年10月14日(水) 未分類

みなさん、こんにちは。
全国エリア対応のポスティング会社
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
「ポスティングをしているのに集客が出来ない」とお困りの方はいらっしゃいませんか。ポスティングは闇雲に行っていても、集客は上手く行きません。集客が上手くいっていない場合には原因があります。どのような原因が挙げられるのでしょうか。原因を知って対策すれば効果は上がります。
 
 
【集客が上手くいかない原因】
ポスティングで集客するには、押さえておかなければならない点がいくつかあります。それらを押さえていないがために、集客が上手くいかないというケースが考えられます。考えられる原因を確認しておきましょう。
 
まずは、見込み客のリサーチが不足している場合です。
 
ポスティングを行う際には、ターゲットを明確にする必要があります。ターゲットではない顧客に対してチラシを配っていては、集客の増加は見込めません。多くのポスティング会社では、エリアや住宅の種類を指定してチラシを配れます。ターゲットが多い場所やターゲットが多い種類の住宅に対して、チラシが配れるようにリサーチを十分に行いましょう。
 
また、ポスティングを一度でやめてしまったことが原因かもしれません。
 
狙った所へチラシが届いたとしても、1度で確実に顧客からの反響を得るのは、とても難しいのが現状です。顧客候補が振り向いてくれるまで、ポスティングを繰り返すことが大切です。もちろん、回数が多すぎれば逆効果になることもあります。適切に配るようにしましょう。
 
 
【ポスティングの効果が出ない時に打つ手】
ポスティングで効果が出ない場合、まずはそれらの原因を取り除けば効果が改善されます。どのように取り除けば良いのでしょうか。
 
リサーチが不足していると感じている場合には、すぐにリサーチを再検討しましょう。まずは、どのような目的でポスティングを行っているかを考えなければいけません。集客には、新規客か既存客どちらをターゲットにするのか、目的設定が必要です。また、狙いたい客層の詳細なペルソナ(顧客像)についても考えましょう。
 
ペルソナとは、性別や年齢、家族構成や悩み、どのような時に行動を起こすか、どのような悩みを抱えているかなどを細かく洗い出し、1人のターゲットを決めることを言います。
 
こちらを行うことで届けたい層にしっかりと絞り込みを行うことが出来、最終的な目的を達成することが可能になります。
 
特にポスティングの場合は、狙った箇所で狙ったユーザーに対して行う広告方法なので、そちらを間違えるとお金と時間だけがかかり、全く成果が出なかったということになってしまう可能性が考えられます。そのため、少し手間かも知れませんが、ペルソナの設定がとても重要になります。
 
また、ポスティングの回数が少ないと感じている場合は、頃合いを見計ってポスティングを継続しましょう。毎日チラシが届くとしつこいと思われてしまいますので、チラシを見た時にふと思い出せる程度の回数を配ることが大切です。
 
 
【まとめ】
ポスティングが上手く行かない時には、必ず原因があります。原因を取り除けば、売り上げは伸びます。
 
ポスティングのノウハウは、ポスティング会社が一番あります。お困りの際は是非当社にご相談ください。
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【知っておきたいポスティング用語】

2020年10月06日(火) 未分類


 
みなさん、こんにちは。
全国エリア対応のポスティング会社
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
初めてポスティングに挑戦される経営者のみなさん、すでにポスティングで成果が出始めている経営者のみなさん、ここでは、見積もり前に知っておきたいポスティング用語をご紹介します。
 
 
【これだけは知っておきたいポスティング用語集】
普段聞き慣れない「ポスティング用語」をスルーしていませんか?
 
「ちょっと何言ってるのか分からない」とそのままにしてしまうのは危険です。「とりあえずお任せします」の対応は、広告コストをドブに捨てるようなものです。
 
ポスティング業者とスムーズに見積もりを進めるために、これだけは知っておきたいポスティング用語を集めました。契約書にサインする前にぜひこの用語集で内容を確認してくださいね。
 
 
◆ポスティング
チラシやセールのお知らせなどを、自社や自店舗のターゲットが居住するエリアの住宅ポストへ投函することを言います。
 
◆セグメント配布
セグメントは「区別」の意味で、ターゲットを居住エリアや居住建物、属性などで区別してポスティングすることをいいます。
 
(選別配布)居住建物の形状を区別して配布する方法です。
例】戸建配布、集合配布、事業所配布など。
 
(識別配布)居住
各業者所有リストからターゲットを区分けして配布する方法です。
例】分譲、賃貸マンション、高速ネット回線加入者など。
 
(属性配布)国政調査データなどから得た属性を区分けして配布する方法です。年齢別、所得額別、世帯人数別など
 
◆GISポスティング
ターゲットが居住するエリアだけをピンポイントで抽出できる地理情報システムのことをいいます。居住世帯の年代構成別、男女別など目的に合わせて効果的に利用できます。
 
◆ピン捲き(ぴんまき)(単配)
配布条件が決まっているチラシのみを単体で配布することをいいます。
 
◆2種捲き(にじゅうまき)(併配)
配布条件が決まっているチラシと決まっていないチラシを同時に配布することを言います。同業種のチラシを2種巻きすることは原則としてありません。
 
◆部隊捲き(ぶたいまき)(部隊配布)
配布期日が指定されている、又は当日に大量配布するチラシをチームを組んで配布していくことをいいます。
 
◆棚置き(たなおき)
管理人がいる集合住宅により、チラシをまとめて入れる棚を設置している場合があります。その棚にチラシを置くことをいいます。
 
◆「集合」「ドアポス」「フタなし」「フタあり」
それぞれポストの形状種類のことをいいます。「集合」はマンションやアパートなどまとまった場所にあるポスト、「ドアポス」はドア付けタイプのポスト、「フタなし」は都営、府営住宅に多いフタのないポスト、「フタあり」はフタのあるポストを言います。
 
◆配布カバー率
配布エリアのポスト数に対する配布枚数の割合を言います。配布カバー率が高いほど配布単価が上がります。
 
◆エリア超え
指定されたエリアを超えて配布することを言います。指定エリア以外の住宅に配布したり、同じチラシを複数配布してしまう「重配」の可能性がある場合は、現地でチラシを回収します。
 
◆リア残し
ポスティングスタッフの配布ミス、又は故意に指定配布エリアに配布をしなかったことをいいます。確認なく勝手に配布エリアを残して終了する行為は禁止されています。
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【ポスティングを行う目的を明確にする】

2020年09月21日(月) 未分類

みなさん、こんにちは。
全国エリア対応のポスティング会社
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
ポスティングを依頼される人の中には、とりあえず人を集めたいからという理由でポスティングをしようと考えている人も多いかも知れません。しかし、ポスティングに限らず、集客には明確な目的を定めておく必要があります。目的を明確にして効果的なポスティングを行いましょう。
 
 
【集客方法としてポスティングを選ぶ理由とは】
新しく事業を始める際や、これから事業を伸ばしていこうと考える時に思いつく施策にポスティングがあります。しかし、それは本当に正しい選択なのでしょうか。
 
地域で集客を行う際には、様々な選択肢があります。ウェブ広告、フリーペーパー広告、看板広告、ラジオ、POP、デジタルサイネージなど、その選択肢は多岐に渡りますが、昔から変わらず安定的な集客効果を発揮するのがチラシ配布です。
 
特にポスティングが愛され続けるのは、他にない特徴として…
 
◆自社の商圏に無駄なく届けることが出来る
◆どの顧客層(スマホを使わない人や新聞を読まない人等)でも、一括に届く
◆チラシは捨てる場合でも、必ず一度は目に入ることがほとんど
 
といった理由があるからです。しかし、ただやみくもにチラシを配っているだけでは、最大限の効果を発揮出来ません。
 
そのため、なぜポスティングを行う必要があるのか、しっかりとした目的を持つことが重要です。そこで次の見出しでは、ポスティングにおける細かい目的の種類について、解説して行きます。
 
 
【どのような目的でポスティングをするのか】
当然ですが、ポスティングの第一目的は利益の増加、つまりお問い合わせや売上を増やすことです。しかし、売上を増やすには色んな方程式が考えられます。
 
まずは基本として「売上 = 客数×客単価」です。これは、当然皆さんが考えていることです。しかし、この内訳はいかがでしょうか?例えば客数。
 
① 客数 = 新規客 + 既存客
もしくは・・・
② 客数 = 客1人 × 来店回数
 
このように分けて考えることが出来ます。
 
ポスティングは「客数を伸ばすため」といった目的で行われることが多いですが、もっとその目的を具体的にしておかないと失敗しやすいといえるでしょう。
 
新規客に来てもらいたいのか、既存客に再び来てもらいたいのか、まずはそのどちらに焦点を当てるかを考えましょう。
 
新規客に来てもらいたいなら、既存の商圏エリアから少し外れて、自社の商品魅力が伝わる層が住むエリアに絞って地域限定型のお得なクーポンチラシを配ってみたりするのも良いかも知れません。
 
既存客に再び来てもらいたいなら、より自社の商圏の中で既存顧客が多いエリアに絞って、カムバックキャンペーンチラシを打つのも良いでしょう。
 
更に顧客のリピート率を上げたいなら、これまでと同じ商品にプラスして、何かを購入するとお得になるようなキャンペーンをアピールしたり日頃の感謝を伝えて、心理的にリピートを促したりする方法が効果的でしょう。
 
業種によって手法は様々ですが、目的を明確にすることにより、より良い反応が期待出来ます。
 
 
【まとめ】
ポスティングでの集客には、なぜポスティングを行うのか目的を明確にすることが重要です。ポスティングは、広範囲に無作為に広告をしていくことが多いため、比較的新規顧客の開拓に向いている場合が多いです。
 
一方で、やり方次第では既存顧客での売り上げ増加も望めます。しっかりと目的を明確に設定し、ポスティングでの集客を考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

反響の取れるポスティングチラシを作るコツ

2020年08月28日(金) 未分類

みなさん、こんにちは。
全国エリア対応のポスティング会社
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
ポスティング用のチラシは内容を変えて同じデザインを使用するという方も多いですが、既視感のあるチラシは反響低下に繋がってしまう場合もあります。
 
そこで今回は「反響の取れるポスティングチラシを作るコツ」について、お伝えしたいと思います。コピーやデザインを変えるだけで、驚くほど反響が上がるということもあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。
 
 
【反響を取るためにはオファーを簡潔に】
チラシの多くは「集客を目的」として作られるため、オファーは明確かつシンプルなものが理想的です。例えば、学習塾なら「〇回まで無料体験授業」、整体院なら「初回施術〇〇%OFF」など、相手の興味を引くための思い切った簡潔なオファーを打ち出すようにします。
 
オファーが2つ以上になってしまうと、訴求内容が薄れてしまい効果が低減してしまう場合もあるので、チラシに掲載するオファーは最小限にとどめるようにしましょう。また、商品を多数掲載するチラシの場合は、目玉商品を目立たせるような構成にしてインパクトが伝わるようにします。
 
 
【ポスティングチラシに効果的なレイアウト】
「レイアウト」というと全体の構成のことを考えてしまいますが、ポスティングチラシを作るにあたって大事なのは、左上に魅力的なオファーを掲載することです。なぜなら、居住者がチラシを手に取る時、紙の下部分を持つことが多いので、必然的にチラシの左上部分に目がいきやすくなるからです。
 
チラシは一瞬で必要性の有無を判断されますから、最も見られる部分に目立つオファーを掲載することで反響を高めることが出来ます。そのため、左上部分は長い文章ではなく、オファーの内容が分かるキャッチコピーやイラストなど、直感的に判断しやすい内容を記載するようにしましょう。
 
 
【チラシの色でも反響が変わる】
ポスティングチラシはテキストやイラストも大事ですが、色によって与える印象も大きいものです。例えば、落ち着いたイメージを与えるのであればブルーやホワイト、親しみや暖かみが感じられるイメージであればイエローやグリーンを使います。
 
また、チラシ内にリアクションを促す内容が記載されているなら、その部分はレッド、オレンジを使うようにしましょう。
 
 
【3回に1回はチラシをリニューアル】
反響があったポスティングチラシでも、2回以上配布していると既視感が出て反響が低下しがちになります。そのため、定期的に配布するチラシは3回に1回を目安にデザインとレイアウト、コピーを変更しましょう。
 
ポイントは、内容が同じでも良いということです。色味とレイアウト、言い回しを変えるだけで「新しいチラシ」という印象を与えられるため反響が取りやすくなります。
 
 
【まとめ】
「一度チラシを出してみたけど、効果がなかった」「最初は反響があったけど、その後はあまり効果を感じられない」という方はオファーの見直し、レイアウトの変更、カラーのよるイメージ付けを意識してチラシをリニューアルしてみませんか?
 
ポスティングは、見込み客のタイミング探し、工夫を凝らせば反響は高めることが可能です。
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【DMとチラシの違いについて】

2020年03月16日(月) 未分類


 
 
みなさん、こんにちは。
全国でポスティング業務を行っている
株式会社ジャストプレゼンテーションです。
 
DMもチラシのいずれも、集客に効果的でどちらもポピュラーな宣伝手段ですが、両社における宣伝効果の違いをきちんと把握出来ていない方も多いのではないでしょうか。
 
また、違いは把握出来ていても、DMとチラシそれぞれにどのような特徴やメリット・デメリットがあるのかが分からないという場合もあるかと思います。
 
そこで今回は、「DMとチラシの違い」をそれぞれの特徴やメリット・デメリットと共に詳しく解説して行きたいと思います。それぞれの違いを知って、より効果的な宣伝手段を選んでみて下さい。
 
 
【1.DMとチラシの違いとは?】
どちらも商品やサービスを宣伝する手段・ツールであるDMとチラシには、様々な面で違いがあります。
 
中でも一番大きな違いは、ターゲットと目的です。
DMに向くターゲットにチラシを送っても無駄になるだけでなく、場合によっては逆効果になることもあります。
 
まずはDMとチラシ、それぞれに向くターゲットや送る目的について紹介します。宣伝したいターゲットがどちらに向くかをよく検討して送るようにしましょう。
 
(1-1.DMの用途と目的)
「DM」とは「ダイレクトメール」の略で、はがきや封書などの郵便物やメールを直接個人や会社などに発送する宣伝ツールのことを指します。
 
DMは不特定多数に送ることも出来ますが、すでに常連となっている顧客や特定の属性に合った見込み客への送付も出来ることが特徴です。
 
不特定多数の見込み客にDMを送る場合は、お店のオープン案内や新サービスの開始などを広く告知したい場合に効果があります。
 
誕生日イベントや常連客向けのセールなど、お客様の情報を基にターゲットや目的を絞って送る場合は、より宣伝効果を発揮出来るでしょう。
 
(1-2.チラシの用途と目的)
「チラシ」とは、語源が「まき散らす(し)」から来ているといわれるように、不特定多数の人々に向けてバラまいて宣伝を行うためのツールです。
 
DMが特定のターゲットや目的を絞り込んだ広告であることに対して、チラシは幅広く認知してもらうことを目的としています。
 
DMは、その商品やサービスに興味がありそうな個人宛てにピンポイントで送ることが多いですが、チラシはポスティングしたり新聞などに挟んだりして、広く配布することが特徴です。
 
顧客情報を基に具体的にターゲットを絞る訳ではないため、顧客の新規開拓やお得なキャンペーンの周知にお勧めの方法だと言えるでしょう。
 
 
【2.DMを活用するメリット・デメリット】
DMの最も大きな特徴は、顧客情報から自社の商品やサービスを購入する可能性の高い顧客を選んで送付することが出来るという点です。
 
新規の見込み客より、既に自社の商品を購入したことのある既存客に送ることが、効果的な使い方だと言えるでしょう。
 
DMは、顧客のタイプによってDMの内容のテンプレートを変えることも可能です。顧客の記念日に送付したり、常連向けのイベントやセールに招待したりすれば、顧客に特別感を与えることが出来るでしょう。
 
このようにターゲットや目的を絞り込み、キャッチコピーを工夫して特別感を出すことで、開封率や反応率を高めることが出来ます。
 
 
(DMを活用するメリット)
・効果測定がしやすい
送った顧客の情報や内容、クーポンの利用率等のデータが残るため、効果測定がしやすくなる。
 
・多くの顧客に情報を伝えられる
DMはカタログや小冊子として送ることも可能なため、視覚的に訴える写真を印刷データに多用すれば、より多くの情報を伝えることが出来る。
 
・離脱客を呼び戻すことが出来る
顧客リストにある既存客で、しばらく購入のない離脱客に対して送ることで、再購入の可能性を高めることが出来る。
  
(DMを活用するデメリット)
・費用が高い傾向にある
印刷会社への依頼や顧客一人ひとりに対して内容を細かく変えるケースが多いため、費用が高くなりやすい。さらに折り込みチラシやポスティングに比べてDMは発送料がかかるため、その分のコストも必要。
 
・手間がかかる
顧客によって内容を変えるために情報を集めたり、DMを企画してデザイン・制作・発送したりすることが必要なため、手間がかかりやすい。
 
・開封してもらえない可能性もある
新聞購読などの際に目に留まる折り込みチラシと違い、圧縮ハガキや封書であるDMは、圧縮部分や封筒を「開ける」という動作が必要なため、開封してもらえない可能性もある。
 
 
【3.チラシを活用するメリット・デメリット】
チラシは古典的な手法ですが、インターネットが発達し新聞の購読者が激減している近年では、宣伝効果は右肩下がりと言われています。
 
しかし、地域へのアピール度と信用度に優れたチラシは、不特定多数に向けて発信する目的において優れていると言えるでしょう。
 
また、スマートフォンやパソコンでインターネットを使いこなせない層へも情報発信が出来ます。様々な広告手段がある現代においても、まだまだチラシは幅広く使用されるツールです。
 
 
(チラシを活用するメリット)
・制作コストを抑えられる
薄い用紙で大量に印刷することにより、制作コストを安くすることが可能。
 
・地域住民にタイムリーな情報を発信出来る
商圏を絞った新聞折込は地域性が高く、タイミングを合わせたタイムリーな販促を行うことが出来る。顧客にとっても今日・明日・週末などのピンポイントで身近な情報が受け取れるため、即効性が高い。
 
・内容を理解してもらいやすい
限られた情報が1枚にまとまっているため、パッと見ただけで内容を理解しやすく、興味を持ってもらいやすい。
 
(チラシを活用するデメリット)
・宣伝効果が持続しにくい
興味を持ってもらえれば即効性は高い反面、宣伝効果は持続しにくい。特にタイムリーな情報が掲載されているチラシであれば、1週間程度で宣伝効果が半減してしまう可能性もある。
 
・伝えられる情報量に限界がある
リーフレットや冊子を封書で送ることが出来るDMに比べ、A4サイズの用紙1枚程度のチラシに載せられる情報量には限界があるため、情報の精査が必要。
 
・他のチラシに紛れる可能性がある
ポストには多くの折込チラシが挟まれるため、他のチラシに紛れてしまい、読んでもらえない可能性も高い。
 
 
今回は「DMとチラシの違い」について、解説させて頂きましたが、どのような目的で、また自社の商品の特徴やターゲット層を考慮しながら宣伝手段を選ぶようにして下さい。
 
 
◆株式会社ジャストプレゼンテーション
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-6566
(URL)https://www.justpre.co.jp/

【MEO対策(Googleマップ対策)】

2018年11月09日(金) 未分類


 
みなさん、こんにちは。
株式会社ジャストプレゼンテーション
WEBデザイン事業部の山本です。
 
今回は「MEO対策(Googleマップ対策)」について、お話しして行きたいと思います。
 
【MEO対策とは?】
「カフェ」や「銀座 カフェ」というキーワードGoogle検索した際に、Googleマップの下部へ表示される3枠の店舗情報スペースに対策を行うサービスです。
 
【MEO対策 5つのメリット】
◆検索上位より視覚的にクリックされやすい
検索結果の上位にサイトを表示する「SEO対策」は集客に効果的です。しかし、上位に表示させるまでに時間が掛かる、もしくは表示出来ない事もあります。
 
その点、MEOはより早く上位表示を達成しやすいのが特長です。
 
また、Googleマップの枠は検索結果の上部に表示されるうえ、大きな地図画面が視覚的に目立ちます。
その為、通常の検索結果よりもクリックされやすいとされます。
 
◆広告より安く効果的に宣伝
検索サイトの広告枠は「特定のキーワードで1回クリックされたら◯◯円支払う」と入札し、高いほど広告の表示順が上位になる仕組みです。そのため各企業が競り合い、価格が上昇し続けています。
 
しかし、MEOならこのように料金が膨れ上がっていくことはありません。
 
広告よりずっと安い料金で上位に表示でき、さらに広告よりも視覚的にクリックしやすい為、いま注目の集客方法といわれています。
 
◆ポータルサイトに依存しない
例えば美容室だと、これまでは美容系ポータルサイトに登録しないと、集客が難しい場合がありました。しかし、このようなサイトの利用は高額で、かなりのコストがかかってしまいます。
 
その点、MEOはより安い料金で効果的に集客出来ます。
多くの競合で埋もれてしまうことなく、検索結果の地図部分というより目につく場所にお店を表示出来るのが魅力です。
 
◆最近のユーザーの傾向にマッチ
Googleの調査では、近年「44%のユーザーがGoogleマップでお店を検索」「うち41%が店舗に訪問」というデータが出ています(*1)
 
さらに、Googleマップは日本国内のスマホアプリ利用者数で第2位。利用者は昨年より上昇を続けているので、いまマップでの集客が非常に注目されています(*2)
 
(*1)出典:Googleマップ ストリートビュー
(*2)日経ニューメディア
 
◆スマートフォンの「いますぐ顧客」を獲得
MEOは、スマートフォンの位置情報を使った検索にも効果を発揮します。
 
マップからそのまま「現在地からのアクセス」も確認出来るので、いま行けるお店を探しているユーザーも獲得しやすいです。
 
また、この検索結果からすぐ「電話予約」することもでき、メッセージアプリなどで「友だちへの共有」もスムーズです。
 
スマートフォン主流の時代に最適な集客方法といえるでしょう。
 
MEO対策についてですが、弊社でも技術的なリソースが揃い、対策を行うことが可能になっております。
 
ポスティングと合わせて実施することで、実際に集客アップにも繋がっております。
 
MEO対策について、ご興味が御座いましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。
※東京近郊であれば、直接お伺いさせていただく事も可能です。
 
みなさまからのお問い合わせ、お待ちしております。
 
 
株式会社ジャストプレゼンテーション
WEBデザイン事業部MGR 山本
 
(住所)東京都北区滝野川7-40-7
(TEL)03-5394-656
(ホームページ)https://www.justpre.co.jp/

  • 緑のポスト
  • スタッフ募集
ロゴ画像

本社:東京都北区滝野川7-40-7

TEL 03-5394-6566/FAX 03-5394-6606

問合せ 問合せ

  • facebook

    facebookで日々の情報を更新しています。

  • 全日本ポスティング協会

    ポスティング業界の自主規制や、ルール作りを促進し、業界の地位向上を目指します。

  • 日本ポスティング協同組合

    企業とエンドユーザーを全国規模のネットワークで結ぶ、信頼の組織力が強みです。

  • 東京ポスティング協同組合

    「東京都」に特化したポスティングをご提案いたします。